PROFILE

ヌーベルミューズ nouvelle Muse

二十五弦箏、シタール、タブラによるアンサンブルユニット。
変拍子を多用したワールドフュージョン、キャッチーなインストポップなど、オリジナルの楽曲をメインに、ジャンルを超えた表現で活動している。
 
二十五弦箏の小澤千絵子(旧姓:手塚)とシタールの手塚まり絵の姉妹ユニットとして2011年に活動をスタート。2013年にタブラの石田紫織を正式メンバーとして加える。作曲家井上憲司による楽曲を中心に、インド音楽や邦楽の要素を十分に取り入れつつ新しい表現に挑んだ躍動感あふれるパフォーマンスは、古典音楽の魅力を新たに捉え直していると反響を呼ぶ。日本各地でのライブの他、イギリス、ドイツ、フランスを周ったヨーロッパツアーでは観客のスタンディングオベーションを頂くなど高い評価を受けている。


MEMBER


小澤 千絵子 Chieko Ozawa 

魂に触れる音を追求する二十五弦箏演奏家

ユニット「ヌーベルミューズ」の他、オイリュトミーとのコラボレーション、ピアノとのデュオ、チェロとのデュオ、ソロではバッハ作品などを演奏。これまでにコラボレーションをしてきたアーティストのジャンルは、多岐にわたり、箏の本質へユニバーサルな視点からのアプローチを行う。
2013年から2年半に渡るヨーロッパでの演奏活動ではイギリス、ドイツ、フランスの計16都市でのコンサートを全て好評のうちに終える。2018年サムエル・カン「みことばうた」のCD収録に参加。小澤千絵子箏教室主宰。
小澤千絵子箏教室 website  http://chiekotos.net/
小澤千絵子ブログ  https://ameblo.jp/ozawachieko

手塚 まり絵  Marie Tezuka

医学の道との両立を目指す情熱のシタール奏者

音楽活動とインドでの生活を通して人間の心と身体の健康と疾病に興味を持ち、2018年より医学部に通い、医学の勉強をしながら音楽活動をしている。
2005年渡印した際にシタールと出会い衝撃を受け、その後インド・コルカタにおいてSri Sasanka Banerjeeに師事し、Maihar流派の伝統奏法を学ぶ。インド古典の演奏の他、様々な楽器とのコラボレーションも行う。2012年インドウエストベンガル州のベンガルタイガー保護区Sundarbanにおいてタブラの第一人者Susanta Banerjeeと共演し、好評を博す。2014年にはインド古典音楽の演奏が評価され、インド人向けの情報誌Japan waveに特集される。
手塚まり絵ブログ  https://ameblo.jp/tezukamarie/

石田 紫織  Shiori Ishida

ワイルドな音色でリズムを歌うタブラ奏者

インド古典音楽の演奏活動を中心としつつ、舞踊の伴奏や他ジャンルとのセッションを多数行う。卓越した技術とアンサンブル力が評価され、インド音楽その他の伴奏者、共演者として引っ張りだこの存在。海外での演奏も多数。
Pt.シュバンカル・ベナルジー、U-zhaanに師事。Rabindra Bharati University器楽科パーカッション専攻修士課程修了。2002年よりインドへ通い、師のもとで修練を重ね、2015年インド政府奨学生 (ICCR) として留学、音楽理論やインド声楽、他の打楽器も学ぶ。帰国後はインド音楽の普及を目指し「タールマンダリー」を主宰。
石田紫織 website http://ishidashiori.com/music/
Taal mandali インドリズムサークル  website  http://taalmandali.com/